安達太良山の紅葉狩り登山、くろがね小屋のお風呂から絶景を楽しむ

紅葉

安達太良山の紅葉の魅力

標高1000mを超えるので、通常の紅葉よりも早い時期に紅葉を楽しむことができる。夏場からの気温の差が大きいため紅葉が綺麗。しかも東北。関東よりも北に位置する場所にあるため、かなり早く紅葉を楽しめる。

ロープウェーがあるので、登山の装備がなくても山の中腹あたりまでは行くことができる。足腰の弱い人やお子様連れでも問題ない。しかし、オススメはやはり登山をしながら紅葉を楽しむこと。赤が強い箇所、黄色が強い箇所、見る場所によって様々な色を見せてくれる。

特に登山の途中にある、「くろがね小屋」のお風呂から見る紅葉は素晴らしい。露天風呂ではないが、あれを見ると麓での紅葉は何だったのかと思ってしまうほど。

登っていくにつれ、見上げる紅葉から見下ろす紅葉に変わる。日中は太陽が上から当たるので、見下ろす紅葉がとても綺麗だ。

頂上からの稜線を少し歩くと針葉樹林帯がある。こちらは当然のことながら、紅葉はしない。紅葉する広葉樹林と、紅葉しない針葉樹林帯を楽しむことができる。

紅葉を見る時間帯、どこから見るかによっても楽しみ方が変わる。新しい紅葉の楽しみ方を発見できる。

実際に行った口コミ

登山で行くと、登るにつれて紅葉がどんどん進んでいく。麓では緑の葉だったのが、中腹あたりでは赤や黄色に色づいていた。

前日の夜に入り、早朝から紅葉登山をしたが、朝日に照らされた紅葉が美しかった。太陽の当たる角度によっても紅葉の綺麗さが変わることを体験できた。

早朝からロープウェーを使わずに上り始め、午前中のうちに頂上につき、しばらく休憩した後、午後2時くらいには帰路に着いた。日曜だったためか、帰り道はこれから紅葉を見に行く人たちの車で大渋滞。

行くのであれば早朝からがお勧め。ロープウェーは8時30分からなので、その時間になると結構な人が集まってくる。それよりも前の時間に行って、山の空気を吸うも良し、散策するも良し。近くはないが、野営場があるのでキャンプをすることもできる。

時期(紅葉の見頃)

9月下旬から10月中旬くらいまで。通常の街中の紅葉よりもかなり早い時期となる。紅葉を先取りしたい人にはオススメのスポット。

値段

入場料はないが、紅葉時期の土日には駐車場代で1000円かかる。

その他、ロープウェーを利用する場合はロープウェー代1000円(往復1700円)。

住所

〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町

アクセス(行き方)

東北自動車道二本松ICから車で40分ほど。ずっと上り坂。途中、岳温泉という温泉街を通る。そこにコンビニや宿泊施設、飲食店がある。

岳温泉を過ぎるとひたすら登り坂になり、お店はない。全て舗装されている道で、車が1台しか通れないなど極端に狭い道はないので安心して進むことができる。

混雑状況

土日の昼間は駐車場への車で渋滞ができる。ロープウェーも大渋滞。東京からのアクセスも良いため、関東ナンバーの車をよく見かける。

平日に行くのがオススメ。

周辺のホテル

近くに岳温泉があり、ホテルも多数ある。
紅葉時期だと平日でも賑わっている。
日帰り温泉をやっている施設も多いので、時間を確認してから行くのが良い。

岳温泉観光協会 | 福島県二本松市 あだたら高原
福島県 岳温泉は坂上田村麻呂が東征の折に発見したといわれる温泉です。安達太良連峰の麓、海抜600mに位置する高原の温泉郷。古く水戸黄門もその効能を激賞したと言われています。

岳温泉まで行けば食事をするところもあるし、コンビニもある。
駐車場に温泉施設もあるが、ここはめちゃくちゃ混む。

雨天時

雨天時の山は危険の予測がつきにくいので、やめたほうが良い。

デートで行くのにオススメ

登山デートを楽しめる。山を好きな人に悪い人はいない。一緒に紅葉を見ることで仲良くなること間違いなし。

服装

駐車場で標高1000m近くある。麓では半袖でも、紅葉を見に行く際はしっかり防寒具を持っていった方が良い。ロープウェーで登った人で、寒い寒いと言っている人が多い。風邪をひいてしまうので防寒具は必須

まとめ

  • 通常の紅葉よりも早い時期に紅葉を楽しむことができる。
  • ロープウェーがあるので、登山の装備がなくても美しい紅葉を楽しめる。
  • 登山だと、紅葉を見る時間帯、どこから見るかによって楽しみ方が変わる。
  • 特に登山の途中にある、くろがね小屋のお風呂から見る紅葉は素晴らしい。
  • 土日は混むので、できれば平日に行きたい。
  • 泊まるなら岳温泉。
  • 登山デートにも最適。
  • 防寒具を忘れずに。
タイトルとURLをコピーしました