まんのう公園イルミネーション「ウィンターファンタジー」はデートの穴場

国営まんのう讃岐公園 イルミネーション

国営まんのう讃岐公園 ウィンターファンタジーの魅力

四国では規模の大きなイルミネーションスポット。約3万㎡の広い園内にイルミネーションを装飾しているので、歩きながらどの場所から見ても楽しむことができる。いろんな角度から見ることができるので、見る場所によれば人が少ないところで写真を撮ることもできる。

昇竜の滝のライトアップや、シャンパングラスタワーなどが、他のイルミネーションスポットでは見られない魅力。毎年テーマがあるので、何度行っても新鮮な気持ちでイルミネーションを見ることができる。

実際に行った口コミ

まんのう公園にある丘や滝を活かしたイルミネーションをしているので、他では見られない素晴らしい世界を見ることができた。2018年度は、せとうちをテーマにしており、瀬戸大橋をかなりリアルに再現していた。

まんのう公園のイルミネーションの見どころとされている、高さ10mのシンボルツリーの前にて無料で写真を撮ってくれるサービスをしているので、思い出として撮ってもらった。無料でもらった写真はかなり小さいが、夫婦2人で出かけると、きれいな2ショットがなかなか撮れないのでとてもよかった。

ちょうどライトアップした時間帯に行ったのだが、駐車場も問題なく停められた。園内広いが順路通りイルミネーションスポットを回れば30分くらいで回ることができたので、香川県に出かけたついでに立ち寄ることができるイルミネーションスポットだ。

料金

入園料として、大人(15歳以上)で450円、シルバー(65歳以上)で210円。こども(中学生以下)は無料

お得な2日間通し券なら、大人(15歳以上)で500円、シルバー(65歳以上)で250円。

時期(いつから・いつまで)

詳細日時はホームページ要確認
例年は、11月下旬から1月上旬まで開催。

国営讃岐まんのう公園 ~四国 香川県の花名所~
四国 香川県の山間部に位置する四国唯一の国営公園。空海が改修した日本最大級の溜池 名勝"満濃池"に隣接し、園内には四季折々の花々や自然の美しい景色が広がります。そのほか、広々とした芝生広場や子どもたちに人気の大型遊具、サイクリングコース、四国最大級のオートキャンプ場などの施設も充実しています。

住所

国営讃岐まんのう公園
〒766-0023 香川県仲多度郡まんのう町吉野4243-12

アクセス(行き方)

自動車

  • 広島・岡山方面からは、瀬戸中央自動車道・坂出ICより車で約35
  • 愛媛・高知方面からは、高松自動車道・善通寺ICより車で約25
  • 徳島方面からは、徳島自動車道・美馬ICより車で約40

鉄道

  • JR利用:JR「琴平駅」よりタクシーで約15
  • 琴電利用:琴電「琴平駅」または「岡田駅」よりタクシーにて約15

駐車場情報

  • 3か所の駐車場を完備。中央駐車場〈920台〉、北駐車場〈270台〉、自然生態圏駐車場〈17台〉
  • 駐車料金は、普通車が320円、大型車が1,050円、二輪車が100円。

混雑状況

クリスマスシーズンの土曜日に行ったときは、カップルや家族連れが多く、かなり混雑していた。
別の年だが、三が日の1月2日に行ったときは、ライトアップ時間帯に行き、クリスマスシーズンよりは人が少なかった。

周辺のホテル

香川県で有名な琴平温泉が近くにあるので、泊まれる旅館やホテルはたくさんある。
近くにレオマリゾートもあり、大江戸温泉物語 ホテルレオマの森が宿泊施設としてある。
まんのう公園内にも『ホッ!とステイまんのう』といキャンプ場があり、ログハウス風の「キャビン」や「トレーラーハウス」や、最大16名宿泊可能な「グループキャビン」などがある。

周辺のレストラン

まんのう公園周辺はうどん屋さんが多く、遅い時間帯まで営業しているところが少ない。
イルミネーションを見る前に食事をとったほうがよい。
イルミネーションを見た後だと、高松市方面に行くか、まんのう公園から、自動車で約25分のところにあるイオンモール綾川に行くのがオススメ。イオンモール綾川なら22時まで営業しているレストランがある。

雨天時

まんのう町に「洪水」「暴風」等の警報発令が伴う異常気象時でなければ、臨時閉園にはならない。

デートで行く

丘があるので坂が多く手をつなぎやすい場所。園内はイルミネーションの光しかないので、かなり暗くなっている。日中恥ずかしくて手を繋げないカップルもここなら繋ぐことができる!

子連れ、赤ちゃん連れの注意

坂が多いのでベビーカーを押すのは大変。園内はイルミネーションの光しかないのでかなり暗く、子どもとはしっかり手をつなぐか抱っこしていること。

服装

イルミネーションの鑑賞は全て屋外で、室内の休憩スペースや食事を取れるスペースが少ないので、かなり厚めのコートが必須

園内での飲食ブース

イルミネーションの時期では、バーベキューもできないので、軽食しか食べることができない。まんのう公園でゆっくり夕食をとるのはあまりオススメできない。室内の飲食スペースも少なく、軽食も外のテラス席で食べるようになる。

まとめ

  • 四国では規模の大きなイルミネーションスポット(約3万㎡の広い園内にイルミネーションを装飾)。
  • 歩きながらどの場所から見ても楽しむことができる。
  • いろんな角度から見ることができるので、人が少ないところで写真を撮ることもできる。
  • 毎年テーマがあるので、何度行っても新鮮な気持ちでイルミネーションを見ることができる。
  • まんのう公園にある丘や滝を活かしたイルミネーションで、他では見られない素晴らしい世界。
  • 園内広いが順路通りイルミネーションスポットを回れば30分くらいで回ることができる。
  • 丘があるので坂が多く、デートで手をつなぎやすい。
  • 坂が多いのでベビーカーを押すのは大変。
  • イルミネーションの鑑賞は全て屋外なので、かなり厚めのコートが必須。
  • イルミネーションを見る前に食事を取るか、見た後だと、高松方面に行くか、イオンモール綾川に行くのがオススメ。
タイトルとURLをコピーしました