秋も深まってきました。
学園祭も終わり、校内は勉強に取り組みやすい落ち着いた雰囲気です。

麹町学園のインターナショナルラウンジに、まもなく英語の歌が歌えるカラオケ装置が設置されることになりました。東洋大学の総合情報学部の教授が研究テーマとしてとりくんでおられる、このカラオケ装置は、業界大手の第一興商が開発したソフトです。

特長は歌詞にふってあるルビが発音通りになっているところです。従来のカラオケでは英語の歌詞が単語1つ1つの発音のまま、カタカナでルビが打たれています。それを目で追って歌うと字余りになってたいへん歌いにくくなっていました。

新しいカラオケ装置は英語の歌は苦手という意識を無くせますから、歌い慣れるとスムースに英語が口にでてくるようになるでしょう。

私も中学生高校生時代、英語は歌で覚えたと以前にも少しお話をしましたね。

大学卒業後は住友商事に就職して、世界中を翔びまわりましたが、例えば、ベトナム駐在の時にカラオケで覚えた歌のメロディがいまだにふと口からついて出たりします。

麹町学園では、昨年から毎朝10分間の音声活動を行っていて、いつもその最後に英語の歌を歌います。

ともかく、外国語は声に出すことが上達の何よりの有効な手段です。

私は日頃から「度胸70%、ボキャブラリー30%、まず、声に出して英語で話してみよう」と言っています。

尚、カラオケボックスなどではジャンル・曲数も多数ありますが、学園では英語の歌(数百曲)しか選べないことになります。

この新しい取り組みによって、生徒達がインターナショナルラウンジに足繁く通い、ネイテイブの先生たちとの交流も盛んになって、やがて話す力も身につくものと期待しています。

楽しい空間、私も待ち遠しいです。