170926アイルランド大使日中は相変わらず汗ばむ陽気ですがそれでもすこしずつ秋めいてきました。

今年は10月14日から9日間、中学2年生が修学旅行でアイルランドを訪問します。

生徒たちはとても楽しみにしているようです。

昨日、山本校長と大谷学年主任と3人でアイルランド大使館を訪ねてバリントン大使にお会いしました。

大使にお目にかかるのは久しぶりでしたが、温かく迎えてくださいました。

大使館は学園から徒歩3分、文字通りお隣組です。

今年は日本とアイルランドの国交樹立60周年の年です。

この記念すべき年に麴町学園が新しい取り組みとしてアイルランドを修学旅行の地に選んだことを、大使は大変喜んでおられました。

60人近い生徒がまとまってアイルランドまで中学の修学旅行にいくのは、関東圏でははじめてのことのようです。

日程表をご覧になって、滞在するキルケニーという町、また、交流先の女子学校セントブリッジスカレッジ(1831年創立)の創立者のお話など熱心にしてくださいました。

最後に大使から「生徒達の安全とこの企画が、これから長く続くことをとても期待しています」とお言葉をいただきました。

「帰国後は是非お土産話をお願いします」と山本校長がバリトン大使から宿題をいただいて学校に戻りました。

緑ゆたかなアイルランドで感受性ゆたかなみなさんはどんな体験ができるでしょうか。

忘れられないたくさんの思い出を持ち帰ることできると思います。

元気でいってらっしゃい!