勉強・スポーツそして行楽にもベストシーズンとなりました。

9月30日、10月1日の2日間にわたる葵祭(学園祭)は麹町学園の行事の中でも体育祭と並ぶ大きなイベントです。生徒会が中心となって夏休み前から企画をして、いよいよ本番の日の準備にアクセルを踏み込みはじめました。PTA、同窓会、後援会の皆さんも張り切って準備をされています。

そんなある日、私は3階のインターナショナルラウンジに立ち寄りました。

今学期から、ALT(AssistantLanguageTeacher)の先生は二人となりました。昨年アイルランドから来られたキット先生と今年ニュジーランドから来られたシャーロット先生です。

その日もいつも通り、お二人がラウンジにいらっしゃいました。お二人の先生の英語は発音も美しく、英会話の初心者の生徒たちにもわかり易いです。

赤いリボンの中学生が二人いて、海外の雑誌に目を通していたので、

“Hi, How are you?” と英語で声をかけたところ、

即座に “I’m fine thank you, and you?”

と英語で返してきたのですが、そのやりとりが、タイムリーで自然なのに驚き、うれしく思いました。

そのついでに「雑誌は次のページへと送る所作をこうしてゆっくりとエレガントにしてみるのはどう?」と、私が彼女たちと同じ高校生の時に、英会話の先生から教えて頂いた捲り方を生徒たちに示して上げました。

このブログではご説明しづらいですが、二人はすぐにその動きを身につけてくれました。
そんな二人の嬉しそうな顔を見て私も楽しい気持ちでラウンジを後にしました。

英会話の力がつくと同時に、レディとしてのマナーも身について一挙両得といえるでしょう。

麹町学園の建学の精神がここにもあります。
みなさんが聡明、端正な女性に育ってくれますように!