外国語指導助手(ALT)として一昨年カナダから麴町学園にきていたマルチナ先生は新しい人生の道を歩むことになり、間もなくカナダへ帰国されます。

生徒の間ではもちろん、先生達にも人気が高く、皆が引き続き麴町学園で教えてほしいと願っていたのですが・・・。

170626マルチナ先生マルチナ先生がちょうど着任された時期に完成した、3階のインターナショナルラウンジに常駐してくださり、ランチタイムや放課後に生徒達とコミュニケーションをとったり学校説明会にも参加してくださいました。

もう一人のALTでアイルランドから来られたキット先生と、そして安河内先生のデスクもこのインターナショナルラウンジにあります。

マルチナ先生はアートにも興味があることから、ラウンジのインテリアについて、また、その運営についてもアイデアと工夫をしてくださり、おかげでこのラウンジはとてもポップな空間となりました。

教室とは違った明るい色使い、壁にかけてあるポスターやアートなど異次元の空間は訪れる生徒達にとっても楽しい気持ちになれる場所です。

また、茶道、華道の授業にも生徒達と一緒に受講するなど、私の目からみてもその積極性、自主性は尊敬に値するものでした。

此の度帰国が間近になり、恒例の七夕パーテイ―でマルチナ先生のお別れ会も開催しました。

ラウンジには大勢の中学生、高校生が詰めかけて賑やかにゲームなどをして別れを惜しみました。

マルチナ先生は具体的な将来計画のお話を聞いていませんが選択肢の一つとしてもしかして日本にもどる可能性もあるようです。

BON VOYAGE!

マルチナ先生いってらっしゃい!

麹町学園へのお帰りを心待ちに、先生のご活躍をみなで祈っています